人事面接で聞かれること

就職試験の場合、まず一般常識問題を紙面で行い、そのあと人事面接となるところがほとんどです。また、この面接は通常ですと二次面接以上まで行くものが多く、その会社によって異なります。一次面接で聞かれることで1番多いのが自己PR、志望動機というどこでもありがちなものです。しかし、二次になりますと、ここからはかなり会社によって異なってきます。そもそもそういう人材を求めているかということによっても、有利な回答というのは違ってきますし、ある会社ではマイナス的発言と取られたとしても、ほかの会社ではプラスな発言と取られる場合もあるぐらいです。一般的というものが通用しません。ですので、面接を受けるという場合には、自己PR、自分の性格、経験、学業、得意不得意、志望動機、希望職種などぐらいはしっかりと答えられるような状態に仕上げていくことです。あとは、その人の内面が出てくるような質問であったりしますので、日々の行いが大事です。